2015年02月27日

先天性肥厚性幽門狭窄症

先天性肥厚性幽門狭窄症(せんてんせいひこうせいゆうもんきょうさくしょう、congenital hypertrophic pyloric stenosis)は、乳幼児に見られる消化器系疾患。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

カンピロバクター症

カンピロバクター症(カンピロバクターしょう、英:campylobacteriosis)とは、カンピロバクター属菌の感染を原因とするヒトおよび家畜の感染症。平成18年度の統計では、食中毒としては、ノロウイルスの次に患者数が多かった。

カンピロバクター属菌はグラム陰性、らせん状桿菌。水源となる河川などの汚染により発展途上国ではありふれた病気。ヒトの死亡例の報告はない。キャンピロバクター症とも呼ばれる。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

再発性多発軟骨炎

再発性多発軟骨炎(さいはつせいたはつなんこつえん、英:relapsing polychondritis)は、原因不明の軟骨の肥大を来たす慢性疾患である。膠原病類縁疾患、自己免疫疾患のひとつで、全身の軟骨に炎症をきたし、その名のとおり寛解と再発を繰り返す。

日本での正確な統計はないが、アメリカ・ミネソタ州ロチェスターでは年間100万人当たり3.5人が発症するという。

初発症状は耳介の痛みやはり感であることが多いが、症状や病変部位は患者によって多彩である。そのほか関節、気管軟骨、目、鼻、皮膚などに傷害が発症する。有用な検査はあまりなく、診断は臨床的になされるが、病変部位の病理学的所見は有用である。

治療にはステロイドや免疫抑制剤を用いる。寛解と再発を繰り返すものの、心病変がなければ、死亡の原因とはあまりならない。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

使いすぎ障害

使いすぎ障害(つかいすぎしょうがい、overuse injury)とは、運動量が多すぎるために発生する整形外科的障害の総称。シンスプリントジャンパー膝疲労骨折、棘上筋のインピジメントなどが知られている。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

骨膜炎

骨膜炎(こつまくえん、英:periostitis)は、骨の周囲に存在する骨膜に炎症が起こった病気。主な原因は細菌感染や骨への過重負荷などである。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

喉頭癌

喉頭癌(こうとうがん、Laryngeal cancer)とは、喉頭に発生する悪性腫瘍の総称。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名カ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

頭頸部癌

頭頸部癌(とうけいぶがん、head and neck cancer)とは、その名のとおり頭頸部にみられる臓器における悪性腫瘍の総称である。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名タ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。