2009年11月30日

ポリオ後症候群(ポストポリオ症候群、PPS)

ポリオ後症候群(ポリオごしょうこうぐん、Post-Polio syndrome;PPS)とは、ポストポリオ症候群とも呼ばれ、ポリオ(小児麻痺)にかかったことのある人が、数十年後に突然、疲労、痛み、筋力低下などの症状を呈する症候群である。

●関連項目




posted by kamiryu07 at 23:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 病名ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国際ピコルナウイルス分子生物学学会   2010 9.11-16 Scotland

Persisting poliovirus fragments in patients with post-polio syndrome and
enhanced cytokine production in cells exposed to the patients’ PBLs

PPS患者における持続するポリオウイルス断片およびPBLs(注:末梢血白血球)にさらした細胞中のサイトカイン産生の増強。
Andreina Baj,GiuseppeMACCARI,and Antonio TONIOLO
イタリア Varese,Insubria 医科大学 微生物研究所 

 急性麻痺発症の数十年後、PPS−新規の筋力低下、慢性疲労、苦痛、および他の症状で特徴付けられるーを発症した一団のポリオ生存者を調査した(1)。
 PPSの原因は不明である(2)。異なるエンテロウイルス受容体を示す細胞株と分子試験(3、4)を用いて調査した所、低レベルの伝染力とPVゲノム断片が、64人のPPS患者(平均年齢58歳、感染後の平均期間53年)のうち、54人(84.4%)のCSF(注;脳脊髄液)と末梢血白血球(PBLs)から検出されている。

 58名の対照群(献血者,n=26:PPS患者の家族,n=21:PPS以外の神経性疾患を患う成人、n=11)のPVゲノム断片を同様な方法で調査した所、わずか2名のみに検出された。
 手術を行った、わずかのPPS患者の組織培養では、PVゲノム断片は骨格筋、末梢神経、十二指腸と結腸の粘膜細胞の初期培養物に検出されている。
 PVゲノム断片の量は極めて僅かであり、ゲノムシーケンシングを困難にしている。5'UTR,VP1,および3Dpolの単位複製配列を一部シ−ケンシングした結果、ウイルスのシーケンスはPV-1(症例の70%)、PV-2、およびPV-3(それぞれ16%、8%)の参照株と一致した。
 PVー特異mAbs(モノクローナル抗体)による試験では、カプシド蛋白質がPPS患者の末梢血白血球にさらした上皮細胞株で産生されたことがわかった。
 Hela細胞培養物を患者の末梢血白血球(n=29)に晒(さら)した1月後の4-5代継代させた培養物は、健康な献血者/PPS患者の家族(n=15)の末梢血白血球に同様に晒したHela細胞培養物(n=15)と比較して、それぞれ7.9倍、2.6倍のMCP-1とIP-10を放出した。10の追加のサイトカインのレベルは相違なかった。
 このデータから、PVゲノム断片と幾分かの生物活性がポリオ生存者中に数十年、まさに存続することがわかる。
 PPS患者に存続するPV株を特性評価することは、病因の理解とこの身体障害に対する治療法の発見に役立つだろう。
 謝辞:この研究は国際ポストポリオ健康財団(St.Louis、MO)とRegione Lombardia(Milan,IT)の援助を受けた。 (翻訳:近見)


F36   国際picornavirus分子生物学会 2010 9.11-16 Scotland

Persisting poliovirus fragments in patients with post-polio syndrome and
enhanced cytokine production in cells exposed to the patients’ PBLs

Andreina Baj1, Giuseppe Maccari1, Michele Stefanoli1, Giorgio Bono2, and Antonio Toniolo1
Institute of Microbiology1 and Institute of Neurology2, University of Insubria Medical
School, Varese, Italy

Decades after the acute paralytic episode, we investigated a cohort of polio survivors
who developed the “post-polio syndrome” (PPS), a progressive condition characterized by new muscular weakness, chronic fatigue, pain, and other symptoms (1). Etiology and pathogenesis of PPS are undefined (2). Using cell lines expressing different enterovirus receptors and molecular tests (3, 4), low-level infectivity and PV genome fragments have been detected in CSF and peripheral blood leukocytes (PBLs) of 54/64 (84,4%) PPS patients (median age, 58 yrs; median time since APP, 53 yrs).

Using the same methods,PV genome fragments could be detected in only 2 of 58 controls (blood donors, n=26; family members of PPS patients, n=21; adult pathologic controls with neurologic conditions other than PPS, n=11).
In tissues of a few PPS patients who underwent surgery, PV genome fragments have been detected in primary cultures of skeletal muscle, peripheral nerve, duodenal and colonic mucosa cells.
Extremely low levels of PV genome fragments were present.
This made genome sequencing difficult.

Partial sequencing of 5’UTR, VP1, and 3Dpol amplicons indicated that viral sequences were compatible with reference strains of PV-1 (70% of cases), PV-2, and PV-3 (16% and 8% of cases, respectively).
Assays with PV-specific mAbs showed that capsid proteins were produced in epithelial cell lines exposed to PBLs of PPS patients.
One month after exposure of HeLa cell cultures to patients’ PBLs (n=29), the cultures (subjected to 4-5 passages) released enhanced levels of MCP1 and IP10 (7.9 and 2.6-fold, respectively) as compared to HeLa cultures (n=15) equally exposed to PBLs of healthy blood donors/family members of PPS patients (n=15).
Levels of 10 additional cytokines were not different.

The data indicate that PV genome fragments and some biological activity
do persist for decades in polio survivors.
Characterization of persisting PV strains in PPS patients will contribute to understanding pathogenesis and finding a cure for this disabling condition.


Acknowledgments: work supported by Post-Polio Health International (St. Louis, MO) and
Regione Lombardia (Milan, IT).
Posted by 斎藤 at 2011年02月10日 20:13
国際ピコルナウイルス分子生物学学会   2010 9.11-16 Scotland

Persisting poliovirus fragments in patients with post-polio syndrome and
enhanced cytokine production in cells exposed to the patients’ PBLs

PPS患者における持続するポリオウイルス断片およびPBLs(注:末梢血白血球)にさらした細胞中のサイトカイン産生の増強。
Andreina Baj,GiuseppeMACCARI,and Antonio TONIOLO
イタリア Varese,Insubria 医科大学 微生物研究所 

 急性麻痺発症の数十年後、PPS−新規の筋力低下、慢性疲労、苦痛、および他の症状で特徴付けられるーを発症した一団のポリオ生存者を調査した(1)。
 PPSの原因は不明である(2)。異なるエンテロウイルス受容体を示す細胞株と分子試験(3、4)を用いて調査した所、低レベルの伝染力とPVゲノム断片が、64人のPPS患者(平均年齢58歳、感染後の平均期間53年)のうち、54人(84.4%)のCSF(注;脳脊髄液)と末梢血白血球(PBLs)から検出されている。

 58名の対照群(献血者,n=26:PPS患者の家族,n=21:PPS以外の神経性疾患を患う成人、n=11)のPVゲノム断片を同様な方法で調査した所、わずか2名のみに検出された。
 手術を行った、わずかのPPS患者の組織培養では、PVゲノム断片は骨格筋、末梢神経、十二指腸と結腸の粘膜細胞の初期培養物に検出されている。
 PVゲノム断片の量は極めて僅かであり、ゲノムシーケンシングを困難にしている。5'UTR,VP1,および3Dpolの単位複製配列を一部シ−ケンシングした結果、ウイルスのシーケンスはPV-1(症例の70%)、PV-2、およびPV-3(それぞれ16%、8%)の参照株と一致した。
 PVー特異mAbs(モノクローナル抗体)による試験では、カプシド蛋白質がPPS患者の末梢血白血球にさらした上皮細胞株で産生されたことがわかった。
 Hela細胞培養物を患者の末梢血白血球(n=29)に晒(さら)した1月後の4-5代継代させた培養物は、健康な献血者/PPS患者の家族(n=15)の末梢血白血球に同様に晒したHela細胞培養物(n=15)と比較して、それぞれ7.9倍、2.6倍のMCP-1とIP-10を放出した。10の追加のサイトカインのレベルは相違なかった。
 このデータから、PVゲノム断片と幾分かの生物活性がポリオ生存者中に数十年、まさに存続することがわかる。
 PPS患者に存続するPV株を特性評価することは、病因の理解とこの身体障害に対する治療法の発見に役立つだろう。
 謝辞:この研究は国際ポストポリオ健康財団(St.Louis、MO)とRegione Lombardia(Milan,IT)の援助を受けた。 (翻訳:近見)


F36   国際picornavirus分子生物学会 2010 9.11-16 Scotland

Persisting poliovirus fragments in patients with post-polio syndrome and
enhanced cytokine production in cells exposed to the patients’ PBLs

Andreina Baj1, Giuseppe Maccari1, Michele Stefanoli1, Giorgio Bono2, and Antonio Toniolo1
Institute of Microbiology1 and Institute of Neurology2, University of Insubria Medical
School, Varese, Italy

Posted by 斎藤 at 2011年02月10日 20:20
ポストポリオ症候群は「ウイリス感染症」故に
病因として「ウイルス持続感染」や「免疫上の問題」は避けて通れないです。世界のポストポリオ会では免疫上の問題が語られています。


An immune-mediated disease. B免疫学上の疾病(炎症反応が明確に特定PPS患者に存在する)
The strongest support for an inflammatory or immune-mediated mechanism for post-polio syndrome stems from the study of Pezeshkpour and Dalakas (Pezeshkpour and Dalakas 1988) in which inflammation in the spinal cords of seven post-polio patients was found. It consisted of both perivascular and parenchymal lymphocytic infiltrates, neuronal degeneration, and active gliosis. All changes were more prominent in three patients with new weakness. Other findings that support this hypothesis are the finding oligoclonal bands in the CSF (Dalakas et al 1986) and activated T-cells in the peripheral blood (Ginsberg et al 1989). Others have not found oligoclonal bands in post-polio syndrome patients (Cashman et al 1987a; Salazar-Grueso et al 1989); however, other histologic studies suggest an immune-mediated or viral-induced pathogenesis or at least an inflammatory mechanism. Miller (Miller 1995) examined the spinal cord from one post-polio patient and found perivascular intraparenchymal chronic inflammatory infiltrates primarily composed of B lymphocytes with rare macrophages and no T-cells. Kaminski and colleagues (Kaminski et al 1995) found inflammation in the spinal cords of 8 of 9 post-polio syndrome patients. More recent studies support an immune-mediated process with the finding of inflammatory cytokines (TNF-alpha, IFN-gamma, IL-4, IL-10) in the CSF of post-polio syndrome patients (Gonzalez et al 2002; 2004).
PPS患者の炎症や免疫医学的なメカニズムはペゾシュクポールとダラカスの研究に由来する(Pezeshkpour and Dalakas 1988)彼らは7人のPPS患者の脊髄の中に炎症を見つけた。それは血管周辺と実質性リンパ球浸潤、神経の変性と神経膠症によって成り立っている。筋力低下があるPPS患者3人は3つの条件全て備えた顕著な例である。
この仮説を支持する他の発見は脳脊髄液の中のオリゴクロナールバンドの発見(Dalakas et al 1986)と血管周辺の活性化したT細胞の発見である(Ginsberg et al 1989)。他の研究者はPPS患者にオリゴクロナールバンドを発見できなかった(Cashman et al 1987a; Salazar-Grueso et al 1989)しかし他の組織化学的な研究は免疫学的な問題またはウイルスの増大に関する病気または少なくとも炎症メカニズムが有ることを提言する。
ミラー(Miller 1995)は一人のPPS患者の脊髄を試験し主にT細胞は無くまれなマクロファージを伴った血管周囲の実質内?の慢性炎症浸潤を見つけた。カミンスキーと同僚(Kaminski et al 1995)は9人のPPS患者の8人に脊髄内の炎症を発見した。最近の研究はPPS患者の脳脊髄液に炎症性サイトカイン(TNF-alpha, IFN-gamma, IL-4, IL-10)の発見に伴う免疫学上のプロセスを支持している。(Gonzalez et al 2002; 2004).
Posted by 斎藤 at 2015年02月07日 14:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134367592

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。