2010年12月31日

炎症性乳癌(IBC)

炎症性乳癌(えんしょうせいにゅうがん、英:inflammatory breast cancer:IBC)とは、全年齢の女性に発生する(男性では極めて稀)極めて活動的な乳癌の1型。炎症性乳癌は腫瘤を形成しないことが多いという特徴があり、そのためマンモグラフィーや超音波検査で検出されないことが多い。

炎症性乳癌は乳頭およびその周囲で発生する。局所リンパ管への侵襲による排液の阻害によって乳房の水腫性腫脹を引き起こす。乳房の皮膚はクーパー靱帯によって保持されているため、液体の蓄積によって乳房の皮膚はオレンジの皮のくぼみのようにみえる(橙皮状皮膚)。他の症状として急激な乳房の腫大、発赤、持続的掻痒、皮膚の熱感がある。炎症性乳癌の初期は乳腺炎と類似し、節足動物の刺咬と誤診されることがある。

炎症性乳癌は皮膚バイオプシーによって、皮下リンパ管における癌細胞の存在によって組織学的に確定される。診断はMRIあるいはバイオプシーによってなされる。

●関連項目


posted by kamiryu07 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178131389

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。