2015年03月16日

サル痘

サル痘(さるとう、英:monkeypox)とは、ポックスウイルス科オルソポックスウイルス属に属するサル痘ウイルス感染を原因とする人獣共通感染症。日本では感染症法において四類感染症に指定されている。

熱帯雨林においてネズミやサルなどの間で感染環を形成している。接触感染を起こし、ヒトでは発熱、発痘を主徴とする天然痘様の症状を示す。死亡率は10%程度。ヒトからヒトへの感染も成立する。非流行地域ではサルの検疫が重要である。種痘はサル痘の予防に有効とされることがある。

●関連項目

  • ポックスウイルス科


posted by kamiryu07 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名サ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。