2016年02月08日

不眠症

不眠症(ふみんしょう:insomnia)とは平常時と比較して睡眠時間が短くなり、身体や精神に不調が現れる病気である。睡眠障害の一種である。

安眠のための横向き寝専用まくら「YOKONE(ヨコネ)」


●臨床症状

不眠症は、症状によって大きく4種類に分けられる。

  1. 入眠障害
    寝つきが悪く、なかなか眠れない。寝つきに1時間以上かかる場合と定義されている。
  2. 中途覚醒
    朝起きる時間までに、何度も目が覚める。中高年に多い。
  3. 早朝覚醒
    朝早く目覚めてしまい、再度眠ることが出来ない。
  4. 熟眠障害
    十分に睡眠時間はとっているが、眠りが浅く熟眠感が得られない。

●要因

1. 身体的要因

2. 生理学的要因

  • 環境の変化、寝室の騒音、温度、湿度など、睡眠環境としてふさわしくない生活環境。

3. 心理的要因

  • ストレス、精神的ショック、生活上の不安など。

4. 精神医学的要因

5. 薬理学的要因

  • アルコール、タバコ、降圧薬、ステロイド、甲状腺剤などが原因となることがある。

●治療

薬物療法とともに非薬物療法を行う。

  • 薬物療法
    • ベンゾジアゼピン系睡眠導入剤
    • その他(抗ヒスタミン剤、精神安定剤、抗うつ薬など)
※睡眠薬には習慣性があるので、医者の診断の下で服用すること。
※医者や薬剤師の指示を守り、勝手に中断しないこと。
  • 非薬物療法
    • 起きたら太陽の光を浴びること(体内時計を毎日正しくセットする)。
    • 夕方以降は激しい運動をしない(神経を高ぶらせる)。日中の適度な運動は不眠症に効果的。
    • 寝る直前にストレッチをする(やりすぎると上の例のように神経を高ぶらせるので注意)。
    • 眠くなってから床に就く。就床時刻にこだわりすぎない。
    • 温かい牛乳を寝る前に飲む。
    • カフェイン(お茶・コーヒー・チョコレート・コーラ)などの刺激物を制限する。または取らない。
    • 禁煙する(寝ていてもニコチンが切れると神経が高ぶる)。
    • ゲーム・テレビ・インターネット・音楽などは脳への刺激が強いので寝る1時間前にはしない。
    • 暑ければ部屋を涼しくし頭を冷やす(首は冷えると頭が冴えるから逆効果)。
    • 筋弛緩トレーニング
    • 睡眠導入剤の代わりの寝酒は、不眠のもとになるので避ける(睡眠が浅くなる。耐性により量が増えてゆく)。
    • 寝具特に枕を変える。
    • 寝る前には楽しいことだけをする。
※マッサージが有効、3〜5回で効果あり、暫く続けるのが良い。

●関連項目



posted by kamiryu07 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。