2008年02月19日

湾岸戦争症候群(GWS)

湾岸戦争症候群(わんがんせんそうしょうこうぐん、Gulf War Syndrome、GWS)とは、1991年の湾岸戦争に従軍したアメリカ軍兵士に、集団的に発生した脱毛症・疲労感・痛み・記憶障害・倦怠感や関節痛などの一連の病状を総称したものである。また、帰還兵のみならず、出産異常や子供たちの先天性障害の多発が報告されているとの説もあるが、この症候群の存在そのものを疑う向きもある。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名ワ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。