2010年12月23日

IgG4関連疾患

IgG4関連疾患(IgG4かんれんしっかん、英:IgG4 related disease)とは、血清のIgG4高値と多臓器の炎症を呈する疾患概念。IgG4関連多臓器リンパ増殖症候群(英:IgG4 related multiorgan lymphoproliferative syndrome;IgG4+MOLPS)と提唱されている。自己免疫疾患の一つとも考えられているが確定はしていない。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

XYY症候群

XYY症候群(XYYしょうこうぐん、XYY syndrome)は、ヒトの男性がY染色体を一つ多く受け取ってしまったゆえに47,XYY核型ができてしまう性染色体の異常である。表現型に関しては全く異常がなく、多くの(例:イギリスの97%)男性が自分の核型を知っているわけではないため、専門家の中にはこの状態に「症候群」という言葉を使うことに対して疑問に思っている者もいる。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月01日

FPS症候群

FPS症候群(FPSしょうこうぐん)は、ファーストパーソン・シューティングゲーム(First Person shooter;FPS)で遊ぶことに極度に夢中になった人・状態を、やや揶揄を込めて呼ぶインターネットスラング。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

CHARGE症候群

CHARGE症候群(チャージしょうこうぐん、CHARGE syndrome)とは、視覚聴覚二重障害を呈する先天性疾患である。

  • Coloboma of iris:虹彩欠損
  • Heart disease:心疾患
  • Atresia choanae:後鼻孔閉鎖
  • Retarded growth and mental development:成長障害と精神発達障害
  • Genital hypoplasia:性器の低形成
  • Ear anomalies and deafness:耳介の変形と難聴

これらの症状を呈し、頭文字を取って命名された。

難聴は92〜95%に認められる。混合性難聴あるいは伝音性難聴、ときに感音性難聴

1979年に始めて報告された。2004年にCHD7遺伝子の突然変異と関係があることが報告されたが、すべての患者に変異が見られるわけではない。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

D型肝炎

D型肝炎(Dがたかんえん、英: hepatitis D)は、ウイルス性肝炎の一種で、小さな円形のRNAウイルスであるD型肝炎ウイルスHDV、デルタ肝炎ウイルス)に起因する疾患である。このウイルスは(遺伝子的に)不完全な複製であり、したがって、別のウイルスと共存しなければ自己増殖しえない。ヒトでは、この共存現象がB型肝炎ウイルスの感染下でのみ起こる。この伝染が同時に起こった場合、同時感染(coinfection)と呼び、以前B型肝炎に感染した細胞にD型肝炎ウイルスが感染した場合は、重複感染(superinfection)と呼ぶ。

重複感染や共同感染はB型肝炎による肝障害をより深刻に悪化させ、肝硬変肝細胞癌肝がん)を引き起こす可能性がある。

アマゾンで初めて確認されたLábrea熱と呼ばれる熱帯熱は、D型肝炎の一種であることが確認された。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

F型肝炎

F型肝炎(Fがたかんえん、英:hepatitis F)は、ウイルス性肝炎の一種で、肝炎との関連が考えられている、あるウイルスが原因だと仮定されている。

1994年に、Dekaらは、新種のウイルス粒子が輸血後・非A・非B・非C・非E型肝炎患者の糞便から発見されたと報告した。インドのアカゲザルでの実験で、血流にこれら粒子を注入することにより肝炎が引き起こされ、このウイルスはF型肝炎またはトガウイルスと呼ばれた。その後の研究では、ウイルスの存在の再確認に失敗したため、このウイルスは「伝染性肝炎の原因(Kelly & Skidmore 2000)」のリストから削除されている。次に確定した肝炎ウイルスは、G型肝炎である。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

G型肝炎

G型肝炎(Gがたかんえん、英:hepatitis G)は、ウイルス性肝炎の一種で、GBウイルスCGBV-C、またはしばしばG型肝炎ウイルスまたはHGVと称される)が原因であるとしばしば指摘されている。しかし、GBV-Cが実際に肝疾患を引き起こすかどうかについてはまだ明らかにされていない。GBV-Cは1996年に発見され、フラビウイルス科の中で未分類な一種である。

ヒトの疾患とGBV-Cとの因果関係を複雑にしている事実として、GBV-Cが関与したと考えられる急性肝炎の症例がごく僅かなこと、GBV-Cに感染したほとんどの人に臨床症状が現れないということ、他の肝炎ウイルスとの混合感染がごく普通に見られること、などが挙げられる。

HGVによる混合感染が実際にC型肝炎HIVの進行を遅らせるかもしれないことを示唆した数件の研究がある。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

TT型肝炎

TT型肝炎(ティーティーがたかんえん、hepatitis TT)は、近年、日本人科学者によって報告されたウイルス性肝炎の一種。

1997年に真弓・岡本らは、原因不明の輸血後肝炎の患者の血清から、肝炎発症前の血清中には存在せず、肝炎急性期の血清中にのみ存在する、長さ約500塩基対の特異遺伝子クローン(N22クローン)の分離に成功し、患者のイニシャルにちなんで「TTV」と命名した。TTVはその発見からの約2年間で、全遺伝子構造が解明され、遺伝子変異が顕著で、数多くの遺伝子型が認められることが明らかになった。

TTVはサルコウイルス科に属するが、これまでのところ肝炎ウイルスと認知されるに至っていない。TTV感染が、肝疾患の発症とどのように関連するのかについては今後の研究が待たれる。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

TORCH症候群

TORCH症候群(トーチしょうこうぐん、英:TORCH syndrome)は、妊娠中の感染によって胎児に奇形または重篤な母子感染症を引き起こす恐れのある疾患の総称。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

PIE症候群(好酸球性肺炎)

PIE症候群(PIEしょうこうぐん、英:pulmonary infiltration with eosinophilia syndrome)は、好酸球を伴う肺浸潤をきたす一連の症候群である。好酸球性肺炎(こうさんきゅうせいはいえん、英:eosinophilic pneumonia)もほぼ同義である。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

Q熱

Q熱(キューねつ、Query fever)とは、人獣共通感染症のひとつ。ニュージーランドを除く全世界で発生が見られる。Q熱という病名は、英語の「不明(Query)熱」に由来している。1935年にオーストラリアの屠畜場の従業員の間で原因不明の熱性疾患が流行したのが最初の報告である。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

3D酔い

3D酔い(スリーディーよい、Simulator Sickness)は、テレビゲームをしている最中に起こるとされる症状の一つ。正確には映像酔いの一種である。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

SLAP損傷(肩関節上方関節唇損傷)

SLAP損傷(スラップそんしょう、superior labrum anterior and posterior lesion;SLAP lesion)とは、肩関節のスポーツ障害の一つ。関節唇の上腕二頭筋腱付着部が剥離あるいは断裂する。肩関節上方関節唇損傷(かたかんせつじょうほうかんせつしんそんしょう)、上方肩関節唇損傷(じょうほうかたかんせつしんそんしょう)ともいう。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

HTLV-I関連脊髄症(HAM)

HTLV-I関連脊髄症(HTLV-1かんれんせきずいしょう、HTLV-1(human T-cell lymphotropic virus type 1) associated myelopathy;HAM)とは、鹿児島大学の納教授らによって発見された、HTLV-1のキャリアの一部に起こる慢性の痙性脊髄麻痺のこと。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

HELLP症候群

HELLP症候群(ヘルプしょうこうぐん、英:HELLP syndrome)は、妊娠後期または分娩時に生じる母体の生命の危険に伴う一連の症候を示す状態。

3大徴候の英語の頭文字を取って名付けられている。

  • Hemolytic anemia(溶血性貧血
  • Elevated Liver enzymes(肝逸脱酵素上昇)
  • Low Platelet count(血小板低下)
続きを読む
posted by kamiryu07 at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

WPW症候群(ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群)

WPW症候群ウォルフ・パーキンソン・ホワイト症候群、Wolff-Parkinson-White syndrome;WPW)とは、不整脈(頻脈)を生じる心臓病の一つ。1915年頃からその存在が知られ始め、1930年に多くの症例についての詳しい報告がなされ、世間に知られるようになった。この際の3人の研究者であるウォルフ、パーキンソン、ホワイト各博士の頭文字をとり、「WPW症候群」と名付けられた。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

QT延長症候群(LQTS)

QT延長症候群(QTえんちょうしょうこうぐん、long QT syndrome;LQTS)は、心臓に器質的疾患を持たないにもかかわらず、心電図上でQT時間の延長を認める病態である。QT時間が0.46秒以上、またはRR間隔で補正した場合には0.44秒以上である場合を指す。Torsades de pointes(TdP)と呼ばれる心室頻拍を惹起することがある。より簡略にはT波の終点がRRの中点を越えていれば明らかにQTの延長とする。この方法はスクリーニング診察時に用いることがある。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

O157

O157(オーいちごうなな、Escherichia coli O157:H7)は、O抗原が157番の大腸菌である。ただし一般に病原菌として認知されているO157は、腸管出血性大腸菌O157:H7(Escherichia coli O157:H7)のことである。

腸管出血性かつベロ毒素をもつ病原性を示した菌株が発見された大腸菌のO抗原は、O1、O18、O26、O111、O128など多数ありO157:H7もその一部である。ただし同一O抗原の大腸菌のすべてがこの病原性をもつことはなく多くの場合は極少数である。ただしO157:H7は比較的多くこの病原性を示す。

本来、これらの大腸菌にベロ毒素生成の機構、DNAはなかったと考えられており、DNA断片がウイルス(ファージ)により赤痢菌から運び込まれ、これらバクテリオファージに感染した大腸菌自体の遺伝情報に組み込まれたために発現したものとされる。これらの運び屋的ウイルスはウイルスベクターと呼ばれている。

なお、O157は強い酸性のなかでも繁殖が可能なため、酸性の消毒を行っても完全に殺菌されないことが多い。そのため、熱湯による加熱殺菌が一番有効である。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

VDT症候群(CVS)

VDT症候群(ブイ・ディー・ティーしょうこうぐん、Computer vision syndrome;CVS)とは、コンピュータのディスプレイなど表示機器(総称して Visual Display Terminal;VDT と呼ばれる)を使用した作業(VDT作業ともいう)を長時間続けたことにより、目や体、心に支障をきたす病気のことである。別名「テクノストレス眼症」とも呼ばれる。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

RS3PE

RS3PERemitting Seronegative Symmetrical Synovitis with Pitting Edema)は、おそらく自己免疫性の機序を持つ関節炎疾患の一つである。適切な日本語訳はない。

続きを読む
posted by kamiryu07 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 病名A-Z | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。